2019年8月28日から30日にかけて、横浜市のパシフィコ横浜にて開催された第7回アフリカ開発会議の会場及び周辺の特別警備を、外務省より受託致しました。

1993年から始まったアフリカ開発会議は、今回もアフリカ連合加盟国の首脳や政府の長及び代表団、国際機関、地域機関及びパートナー諸国の代表並びに民間セクターと市民社会の代表が、横浜において一堂に会し、「アフリカに躍進を!ひと、技術、イノベーションで。」をテーマに活発な議論が交わされました。

ライジングサンは、会場となったパシフィコ横浜の会議センター、インターコンチネンタルホテル、国立大ホール等の保安検査や出入管理、IDカード等によるゾーン管理、巡回警備等の業務を遂行致しました。

最高レベルのセキュリティーが求められる国際会議において、今回も異常なく業務を終了致しました。